ひとりひとりの2020に出会う。

2020年という、日本にとって特別な1年に向けて
スポーツを通じた絆を、
競技を支える人たちのドラマを、
世界に誇る日本の文化や芸術を、
誰もが参加できる社会貢献のあり方を、
さまざまな視点で切り取り、伝えていく。
ここでの出会いと発見を、
ひとりひとりが日本の未来を考えるきっかけに。
それが、“みんなの2020”です。

東京2020オリンピック・パラリンピック開催まで

2018.07.24

ゴミ拾いパフォーマンスで街をキレイに!

人だかりに紛れてゴミを拾う侍たち

東京・渋谷。町なかに突如現れる侍。着流し姿、手には火ばさみを持ち、竹籠を背負って町を練り歩く―

人呼んで"ゴミ拾い侍"

彼らは、毎週日曜日にボランティアでゴミ拾いをしているストリートパフォーマンス集団。
火ばさみを刀さながらに扱い、華麗な手さばきでゴミを拾う。1回2時間程でゴミ袋が5つになることも...

外国人に写真を撮られる侍たち

そして、周りの人に楽しんでもらいたいとチャンバラも披露。その奇抜な格好と派手なパフォーマンスで外国人を中心に多くの人から注目を集めています。

ゴミ拾いの素振り稽古

町じゅうで火ばさみを使ってパフォーマンスをするため、技術の向上だけでなく安全面も考え、ゴミ拾いに出る前に欠かさず稽古をしています。

活動を始めたのは、劇団代表の後藤一機さん。
かつて原宿歩行者天国が全盛期の頃、ストリートパフォーマンスをしていました。しかし、ゴミや騒音問題で歩行者天国は廃止。若者が新しい文化を作った場所を若者自身が壊してしまったことを残念に思っていました。
そんな時、街でゴミ拾いをしているボランティアの人を見かけ、自分の得意としていたチャンバラをかけ合わせた"ゴミ拾いパフォーマンス"を思いつきました。

立ち上げから10年。後藤さんの意志は若者へと引き継がれています。
2020年に向けてさらに同士を増やしていきたいと、新たな取り組みが始まりました。

この記事は、みんなの2020バンバンジャパーン!に関連して制作したものです。
http://www.nhk.or.jp/tokyo2020/change/eye/articles/banbanjapan-7.html


NHK
Tokyo2020 NHK情報サイト

メダルを目指して厳しい練習を重ねるアスリート、選手を支える大勢の人々。東京2020は、様々な人たちがたくさんのドラマを繰り広げる、世界スポーツの祭典です。と同時に、日本にとっては、新しい時代へのスタートラインでもあります。どんな自分になりたいですか?どんな社会でありたいですか?「⇒2020」は、一人ひとりの未来への挑戦を応援します。