ひとりひとりの2020に出会う。

2020年という、日本にとって特別な1年に向けて
スポーツを通じた絆を、
競技を支える人たちのドラマを、
世界に誇る日本の文化や芸術を、
誰もが参加できる社会貢献のあり方を、
さまざまな視点で切り取り、伝えていく。
ここでの出会いと発見を、
ひとりひとりが日本の未来を考えるきっかけに。
それが、“みんなの2020”です。

東京2020オリンピック・パラリンピック開催まで

2018.01.12

東京2020へ覚悟語った日本の若きエース 車いすバスケのレジェンドと特別鼎談

カナダを3度、パラリンピック金メダルに導いたアンダーソン(左)と、日本の将来を担う古澤(中央)、鳥海による鼎談(ていだん)が実現した【スポーツナビ】

パトリック・アンダーソンの名前を聞いたことがあるだろうか。9歳の時に交通事故で両足のひざ下を切断した後、車いすバスケットボールを始めるとメキメキと頭角を現した。21歳でカナダ代表としてシドニーパラリンピックに出場し金メダル。アテネで2連覇を達成し、北京では銀メダルを獲得。そして、ロンドンで3度目の金メダルに輝いた、世界をけん引するスーパースターである。ロンドン後、代表から引退し、車いすバスケ全米リーグのチーム、ニューヨーク・ローリンニックスでプレーしながら、ミュージシャンとしても活動するも、2017年、カナダ代表に復帰した。

17年11月、そのレジェンドが来日。トヨタ自動車とWOWOWが共催した「IMPOSSIBLE CHALLENGE FIELD」にゲスト出演するためだ。これは、東京ミッドタウンで行われたパラスポーツの体験型イベントである。

このイベントには日本の若きエース鳥海連志、古澤拓也も参加。鳥海は、生まれつき両下肢とともに手指がない。しかし、抜群のスピードと機動力が日本代表の及川晋平監督の目に止まり、高校3年でリオ大会に初出場した。古澤は二分脊椎により小学6年から車いす生活となり、中学に進学すると車いすバスケを始めた。ジュニア世代の代表として、17年6月には、カナダ・トロントで行われたU23世界選手権に鳥海とともに出場し、キャプテンを務めた。

カナダのレジェンドと、日本を代表する若手2人によるトークセッションが実現した。プレースタイル、学び、そして20年の東京パラリンピックに向けて、熱いバトルがオフコートで弾けた――。

アンダーソン、強さの源泉は「敗北の経験」

代表復帰の理由を語るアンダーソン【スポーツナビ】

――アンダーソン選手は昨年、代表に復帰されました。その動機は何だったのですか?

アンダーソン リオパラリンピック前からずっと練習は続けていた。個人的にはニューヨークでプレーもしている。だから、バスケから離れることはなかったよ。代表に復帰したのは、そもそもカナダには親友がたくさんいる。彼らともう一度、一緒にプレーしたいと思ったんだ。また、今の若い選手たちとプレーすることで、どんな化学反応が起きるのかを見てみたいという気持ちも強い。それで復帰を決めたんだよ。

――初出場のシドニーパラリンピックから始まり、アテネで2連覇、北京では銀メダルでしたが、その4年後のロンドンで3度目の金メダル。その強さはどんなところにあるのでしょうか?

アンダーソン 自分が向上するためのプロセスの中で、たびたび敗北という経験があった。それが大きい。シドニーで初めてチャンピオンになったわずか2年後、日本の北九州市で開催されたゴールドカップ(世界選手権)では、準決勝でアメリカと対戦して、再延長の末、敗北し3位。その直後は負けることに恐怖心すら抱くようになったよ。でも、敗北から目をそらせてしまえば、さらに負けることになる。もっともっとうまくなりたい。そういう気持ちに変わっていったんだ。

――そして04年のアテネパラリンピックで王者奪回したのですね。

アンダーソン それでも、08年の北京パラの決勝戦で再び敗北を味わった。ただ、この時の負けは北九州の時とは違う。準決勝で勝利したことで完全に舞い上がって自信過剰になっていた。その大きな勘違いによって、結局、金メダルを逃したんだよ。でも、こうした敗北があったからこそ前に進み、ロンドンパラでの優勝につながったんだ。マイナスがあったからこその道だったと思う。

――カナダを勝利に導いた指揮官であり、アンダーソン選手が進学された米イリノイ大でも教べんを取っていたマイク・フログリー氏(編集注:シドニー、アテネ、北京パラリンピックのカナダ代表監督)からはどんなことを学びましたか?

アンダーソン 1オン1、2オン2といった基礎をしっかり習得すること。イリノイ大の4年間は車いすバスケについての理解を深めていった時期だったね。

――古澤選手、鳥海選手、今のお話、日本代表の及川(晋平)監督の指導と照らして、うなづけることも多いのではないですか?

アンダーソン シンペー? 彼はイリノイ大でマイクに師事していたんだよね。シドニーパラや北九州のゴールドカップでは、彼とも戦ったよ。僕がマイケル・ジョーダンなら、彼はマジック・ジョンソンだ!(笑)

古澤 及川監督には、バスケと車いすバスケの両方についての基礎を教えてもらっていて、それを一つずつ理解することがすごく楽しいです。

鳥海 自分は車いすバスケを始めてたった3年くらいで代表合宿に参加するようになったんです。だから、技術的にはまだまだ足りないところだらけ、という感じでしたし、今も上達したいと思っています。代表合宿のたびに及川監督から基礎を学ぶことができて、やりがいがある。さっきパトリックさんが言われたように、もっとうまくなってやろうという気持ちがさらに増しました。

古澤がアンダーソンに直撃「世界で戦うには?」

アンダーソンのプレーを動画サイトなどで見ていると話す鳥海(右)。古澤も積極的に質問して、世界で戦う心得を聞いていた【スポーツナビ】

――アンダーソン選手は、プレー中常に頭をフル回転させているとか。どんなことを考えてプレーしているのですか?

アンダーソン 周りからは考えているように見えるかもしれないけれど、どちらかというと瞬時に判断している。瞬間、瞬間、どんどんリアクトしていくんだよ。長身という特権で、リアクションを速くできる。2ステップ先を考えている選手はいるが、その人たちと自分を比べた分析は、まあ、秘密にしておこうか。そう周りの人が思っているのであれば、そのイメージのままにしておくのもいいかな。

――瞬間ごとに、例えば、今はパスを出すべきなのか、シュートを打つべきなのか。そういう判断を常にしているわけですね。その決定は何を拠り所にしているのでしょう。

アンダーソン いつもシュートだよ! もちろんそれはチームの状況にもよる。若い時には、シュートしすぎではないかとか、考えすぎるきらいがあった。年齢を重ねるごとにシュートチャンスがあれば、瞬時に、アグレッシブに打ちにいくようになってきた。自分がそういうアグレッシブな動きをすることで、相手のディフェンスが変わる。ディフェンスがズレ始めると、そこにスペースができて、さらにチャンスが生まれる。08年の決勝の映像を見ると、当時の自分に「何やってんだ、シュートしろよ!」とツッコミを入れたくなる。あの頃はすぐに決断できずに躊躇(ちゅうちょ)してしまうことが多かったんだ。でも、これは、まだまだ若い君たちに言うべきことではないかな(笑)。

古澤 ぜひお聞きしたいことがあるんです。僕らは身長がパトリックさんのように高くはない。そんな選手が世界でどこまでやっていけるのか、どう戦えばいいと思いますか。

アンダーソン スティーブ・セリオっていうアメリカの選手を知っている?

鳥海 あ、知っています。パトリックさんと一緒にニューヨーク・ローリンニックスでプレーしている選手ですよね?

アンダーソン そうだよ。彼は3.5クラス(編集注:選手は障害の状態により1.0〜4.5までクラス分けがある。アンダーソンは障がいの軽い4.5、鳥海は2.5、古澤は3.0)の選手で、決して長身ではないけど、彼を見れば、選手はどこまで進化できるかということが分かる。1オン1をやっても僕を抜いてシュートするし、そもそも、彼は30センチでプレーを考えるのではなく、1センチ単位でプレーするんだ。

鳥海 よく「YouTube」でプレーを拝見しています。僕は、健常のバスケをする兄の姿を見て車いすバスケを始めたんですが、健常のバスケって、実は動いていない時間帯、プレーが時々あると思うんです。車いすバスケでも国内の大会ではシュートの時など、一瞬動きが止まる。でも、パトリックさんのプレーを動画で見ると、流れるようなプレーでパスも動きながら正確に出している。こちらが動いていると相手もそれにつられて動くので、動きの中で正確にプレーできれば確実に優位に進められますよね。パトリックさんのプレーは素晴らしいお手本です。リードパスも、ポジション取りも、相手との距離感を測りながらプレーするというのは、今の日本には、まだまだ足りない部分なのかな、と。

イベントでは、1オン1、2オン2のゲーム形式のデモンストレーションも行われ、古澤(写真左)や鳥海との激しいマッチアップを見せたアンダーソン【スポーツナビ】

アンダーソン いいね! ところで、君たちは今何歳?

古澤 大学3年で21歳です。

鳥海 僕は18歳です。

アンダーソン じゃあ、6月にカナダのトロントで行われたU23世界選手権に出場したんだね?

古澤・鳥海 はい!

古澤 オーストラリアとの3位決定戦で負けてしまいましたが。

アンダーソン そうか。オーストラリアはどうだった? あのチームにはトム・オニールソンがいるよね? 彼が良かったのか、それともチーム全体が良かったのか?

――トム・オニールソン選手は、8月に日本で行われた4カ国対抗のワールドチャレンジカップでも活躍してオーストラリア優勝に貢献した選手ですね。

鳥海 そうです。トムはすごく良かったですね。ただ、リオパラリンピック前年のアジアオセアニア選手権の時に、ほとんどコートに入らなかった選手が、世界選手権に出場していて、その選手にやられたところがありました。

アンダーソン つまり、データ不足だったわけだ。

古澤 トムとの連携がとても良くて、後半大逆転されてしまいました。

アンダーソン 僕はU23の時に日本とカナダの準々決勝を見たんだけど、すごいプレスをかけ続けていたと思う。日本は良いプレーをしているという印象を持ったよ。

古澤・鳥海 ありがとうございます!

誓った東京パラリンピックでの再会

――では、最後にそれぞれ、東京パラリンピックに向けての抱負をお願いします。

アンダーソン 決勝戦で日本と対戦して、やっつけることだよ!

鳥海 僕は初めて出場したリオパラリンピックで9位でした。今は東京での優勝を目指してトレーニングを続けています。世界の強豪国を倒すレベルにならないといけないし、自分自身のスキルをしっかり上げていかなくちゃいけない。あと1000日。寿命が縮まるくらい練習しないと、という覚悟です!

古澤 東京パラリンピックを経験できるのは、すごいこと。まずはそのメンバーに選ばれるように。1日1日を大切に過ごして、最後にカナダと対戦する。うーん、勝負については未知数ですけど、僕は負けず嫌いだから勝ちたいです!

アンダーソン そうこなくっちゃ! いい覚悟だね!

――若い日本の2人に、アドバイスがあれば。

アンダーソン 他の選手をガードして、僕のことはほっといてくれ!(一同爆笑)

――ありがとうございました。


▼ライタープロフィール

宮崎恵理
東京生まれ。マリンスポーツ専門誌を発行する出版社で、ウインドサーフィン専門誌の編集部勤務を経て、フリーランスライターに。雑誌・書籍などの編集・執筆にたずさわる。得意分野はバレーボール(インドア、ビーチとも)、スキー(特にフリースタイル系)、フィットネス、健康関連。また、パラリンピックなどの障害者スポーツでも取材活動中。日本スポーツプレス協会会員、国際スポーツプレス協会会員。著書に『心眼で射止めた金メダル』『希望をくれた人』。


Sportsnavi
東京2020特集

東京2020オリンピック・パラリンピックに関連する最新ニュースやコラム、イベント情報などをお届けするスポーツナビの報道サイトです。